大分大学 福祉健康科学部

メニュー

学部ポリシー

地域社会をチームケアで支えるために必要な5つの力を包括的に養います。

リハビリ、福祉、心理の専門性を生かし、相互理解を深めます。

福祉健康科学部では、4年間を通じて、医療・福祉・心理の3分野が融合した科目や、自分の専門分野ではない科目の履修を可能にすることで、本学部が目指す領域横断型のマネジメント能力を身に付けた人材養成を行います。

入学者受入れの方針(AP:アドミッション・ポリシー)

  • 大学において、教養と専門的知識を習得するために必要な基礎学力とコミュニケーション能力を持つ人
  • 福祉社会の実現に関心を持ち、自ら考え、実践・努力する人
  • 様々な活動に主体的に取り組めるとともに、思いやりの心を持って行動できる人
  • 地域社会や国際社会に貢献する意欲とリーダーシップを持つ人
  • 知的好奇心が旺盛で、新しい課題に積極的に取り組む人

理学療法コース

リハビリテーションの専門知識や技能を生かして社会に貢献したいという意志を持つ人

社会福祉実践コース

福祉の専門職として、地域に貢献し、社会に役立ちたいという意志を持つ人

心理学コース

心理学の専門知識や技能を生かして社会で活躍し、貢献したいという意志を持つ人

医療、福祉、心理の各分野の専門性を生かし、地域社会に貢献する。

福祉健康科学部では、地域社会における人々の生活を幅広く支援するためのマネジメント能力を持ち、社会福祉・理学療法・心理といったそれぞれの専門分野でリーダーシップを発揮できる人材を養成します。

教育課程編成・実施の方針(CP:カリキュラム・ポリシー)

  • 1)「教養教育科目」の履修を通じて,要支援者が生活する場面への理解を深め,その構造を修得できる。情報リテラシーや,外国語の基礎を修得できる。
  • 2)「学部共通基礎科目」の履修を通じて,「生活の価値」の概念を修得できるとともに,医療,リハビリテーション学,社会福祉学,心理学それぞれの分野における「支援」の意味を修得できる。また,実学としての「福祉健康科学」の基礎を修得できる。
  • 3)「学部共通展開科目」の履修を通じて,生体分野,社会分野,心理分野のそれぞれの分野の「知識と技法」についての相互理解を修得できる。
  • 4)「コース専門科目」の履修を通じて,それぞれの分野の専門職性を理解し,専門職者としての「知識・技能・価値」を修得できる。
  • 5)「チュートリアル科目」の履修を通じて,それぞれの専門職性を理解した生活支援を包括的に支援できる実践者としての資質を修得できる。
  • 6)「実習科目」の履修を通じて,生活を包括的に支援する実践力を修得できる。
  • 7) 卒業研究を通じて,「実践を科学する」ことをめざした研究の基礎を修得できる。

卒業認定・学位授与の方針(DP:ディプロマ・ポリシー)

  • 理学療法士、福祉専門職及び心理専門職それぞれの専門性を発揮するための「知識、技能、価値」を身につけている。
  • 福祉健康科学の基礎となる「生活を包括的に支援する」という視点を理解している。
  • 生活を支援する各種のサービスをマネジメントし、さまざまな専門職との関わりの中で、リーダーシップを発揮できる高度な能力を身につけている。
  • 科学的に実践を展開するための基礎的な研究能力を身につけている。

大分大学

  • 旦野原キャンパス
    〒870-1192 大分市大字旦野原700番地