大分大学 福祉健康科学部

メニュー

教員紹介

社会福祉実践コース

八木 直樹

<准教授> 八木 直樹

過去の社会から学ぶべきことはたくさんあります。授業では,過去の社会の様々な共生社会の事例を紹介します。歴史を振り返り,過去の社会から現代の共生社会について一緒に考えていきましょう。

<専門分野>

歴史学・日本中世史

<主な担当授業科目と内容>
 年齢,性別,国籍,障害の有無など,様々な立場の異なる人々が生活する現代社会において,共生社会の実現は重要な課題です。「共生社会論」では,過去の歴史を振り返り,それぞれの時代における共生社会のあり方を紹介していきます。具体的には,高齢者,子ども,女性,母子家庭などの社会的弱者に関する事例です。過去の社会を検討することにより,現代社会を相対化し,現代の諸問題を考えるヒントを得てくれればと思います。

<学位・資格>
博士(文学)
学芸員資格

<研究分野>
1.豊後大友氏を対象とした室町・戦国時代における大名の権力構造・領国支配の仕組みの解明
2.豊後大友氏を中心とした室町・戦国時代の九州の政治過程の解明

<研究分野の紹介>
 日本中世史が専門です。特に,室町・戦国時代を中心に,大分を本拠とした大名大友氏を研究対象としています。具体的には,①大友氏が室町時代の守護から戦国時代の戦国大名へと成長していく過程,②戦国時代に大友氏が豊後以外の国々へと勢力を拡大していった過程,③権力中枢における大友氏当主・家臣の役割分担・命令系統の解明,④領国支配を担うための支配組織と人材配置の解明,を研究しています。また,九州の政治・軍事情勢に大きな影響力をもった大友氏を中心とした,室町・戦国時代の九州の政治史を叙述したいと思っています。

大分大学

  • 旦野原キャンパス
    〒870-1192 大分市大字旦野原700番地