大分大学 福祉健康科学部

メニュー

教員紹介

理学療法コース

川上 健二

<助教> 川上 健二

効果のある理学療法の実践には,対象者との信頼関係を築くことが大切です。そのためには対象者の身体的要因だけではなく,社会的・心理的要因も含めて理解する必要があります。「信頼される理学療法士」を目指し,一緒に学びましょう。

<専門分野>

運動器(整形外科)疾患の理学療法

<主な担当授業科目と内容>
 運動器とは、身体運動に関わる骨(関節)・筋・神経系の総称です。これらの運動器は、怪我だけではなく、加齢または運動や仕事による使いすぎ(オーバーユース)によって機能低下を来します。本授業では、運動器疾患(骨折・変形性関節症・腰痛・靭帯損傷・外傷等)の病態を知り、これらに対する評価・検査方法およびリハビリテーションプログラム(予防的・保存的・術前後のリハビリテーション)について学習します。

<学位・資格>
学士(教養),理学療法士

<研究分野>
1.筋に対する機械的圧刺激による脳機能の変化を含めた運動機能への影響
2.徒手的理学療法の効果を示す科学的根拠の解明

<研究分野の紹介>
 理学療法の治療手技の中には、筋の機能低下に対する徒手を用いた治療法が多く存在します。特に、筋への圧刺激による運動機能(運動のスムーズさ)の変化に着目して研究を行っています。
 現時点で、定量的圧刺激量装置を開発し、臨床で用いられる刺激に近い強度の圧刺激が、疲労させた筋の活動を改善させる可能性があるという結果を得ています。
今後は、疲労させた筋への圧刺激が中枢神経系のどこに影響を及ぼしているかを定量的に検証するとともに、疲労した筋に対して最も効果的に作用する圧刺激(強さ・時間)も明らかにしたいと考えています。

大分大学

  • 旦野原キャンパス
    〒870-1192 大分市大字旦野原700番地