大分大学 福祉健康科学部

メニュー

教員紹介

心理学コース

渡辺 亘

<教授> 渡辺 亘

人の心の世界を自分の心を使って直接感じ取ることはとても意味のあることです。また,そのようにして人の心の動きに立ち会うことがとても大切です。これらのことを一緒に考えていけたらと思っています。

<専門分野>

臨床心理学

<主な担当授業科目と内容>
臨床実践職能論・心理面接実習
「臨床心理職能論」では、臨床心理士や公認心理師の職務に関する概要(活動の内容と方法、活動の専門性と独自性、専門家としてのアイデンティティ、それを支える哲学、職能の発達プロセス、倫理、関連する法律、歴史等)について学ぶ。あわせて、現代社会で特に必要となる役割や活動についても考える。「心理面接実習」では、すべての心理支援の基礎である心理面接の理論と技法を具体的・体験的に学ぶ。

<学位・資格>
博士(心理学)・臨床心理士

<研究分野>
1.心理療法(特に対人関係精神分析)
2.遊戯療法(子どもを対象とした遊びによる心理療法)
3.〈自分〉〈私〉という心理的経験、あるいは「アイデンティティ」

<研究分野の紹介>
 混乱、緊張、不安、怖れ、傷つき、怒り、気分の落ち込み、不適応等、さまざまな心の問題に対して臨床心理学的な支援が行われます。臨床心理学的支援に対する社会からの要請は日々高まっており、今では、医療(病院等)、教育(学校等)、福祉(児童福祉や障害児者福祉の機関)、産業(企業等)、司法(鑑別所等)、さらには事件・事故・災害時の対応等まで広がりを見せています。
 私の専門は臨床心理学ですが、なかでも個別的な心理療法・カウンセリングに特に関心があります。対象は子ども(遊びを用いた遊戯療法)から大人まで、様々です。心理療法にはいろいろなアプローチがありますが、私はクライエント(相談者)とセラピスト(専門家)の間でどのような心の営み・経験が展開していくのかという点を重視しています。さらには、クライエントの心の問題の原因を解明・除去するといった一方向的な姿勢ではなく、それを越えて、クライエントとセラピストがお互いを手がかりにして共同で何かを発見・創造していくという対人関係精神分析の視点を重視しています。あるいは、心理療法の場において、クライエントとセラピスト双方の〈私〉〈自分〉がさまざまに立ち現れ、交流し、影響し合うことによって、それら自体がさらに再構成されていくというプロセスにも注目しています。
 私はこうした視点を軸として心理療法の実践にあたっています。また、その経験に基づき、研究、教育、専門家の養成、対人支援職に関する助言(スーパービジョンやコンサルテーション)、地域貢献などを行っています。

大分大学

  • 旦野原キャンパス
    〒870-1192 大分市大字旦野原700番地