大分大学 福祉健康科学部

メニュー

学部の理念

多様化する地域社会。互いを認め合う、豊かな社会をめざして。

現在、少子高齢化が急速に進むなか、住み慣れた地域において充実した社会保障を提供するために 「地域包括ケアシステム」が提唱されています。
特に少子高齢化率の高い大分県では、全国に先駆けてさまざまな取組みを行っていますが、「地域包括ケアシステム」に必要な、専門的かつ幅広い知識を持った人々の生活を支えることができる人材の不足が大きな課題となっています。

これからの地域社会に求められるのは、高い専門性と広い視野。

高齢化社会のなかで、人々が暮らす地域の福祉の姿を考えることは重要なテーマです。
これからの社会では、医療と福祉の連携がますます重要となり、各専門職には他の分野のこともきちんと理解し、生活に困っている人を包括的な視点から支援できる能力や、多職種とのかかわりの中でリーダーシップを発揮できる能力が求められています。

医療、福祉、心理の各分野の専門性を生かし、地域社会に貢献する。

福祉健康科学部では、地域社会における人々の生活を幅広く支援するためのマネジメント能力を持ち、社会福祉・理学療法・心理といったそれぞれの専門分野でリーダーシップを発揮できる人材を養成します。

大分大学

  • 旦野原キャンパス
    〒870-1192 大分市大字旦野原700番地